JUGEMテーマ:ソーイング♪

 

先週 パターンのワークショップに行ってきました。

 

以前もお伝えしている玉置さんのこの時間は

 彼の正義感 使命感・・・・

  疑問 疑惑?笑・・・  から生まれる

  探求心 研究心 解明 理解 展開・・・を直接聞く事ができる時間です。

 

  すべて。。。ドキドキが自分好み

  そして 技術発表を聞き見ることは 個人的に大好物です。

 

沢山 パターンの数を 丁寧にこなしてきた玉置さんは 「研究者」です。

 

 

パタンナーのお仕事は何時もファジー

企画や生産の人たちには細かいことは大概 わからないので

実は 決定されるときは表明上がよければOKで

寸法や バランスや 細かい技術はパタンナー個人に任せられることがほとんどです。

 

なので言って見れば

 うちのブランドは何より着心地優先で行きます。 

   その 決定権のある方達の体型 主観 にさえマッチすればそれがそのブランドの正解。

 

 反対に 着心地もいいけどまずは 他にはない奇抜なラインで!いきましょうと決定権のある方が言えば

    素材や 動きも超個性的になる それもそのブランドの正解。

 

 どちらも そのブランドの基本となる体型に合わせて作られます。

 その基本の体型も千差万別

  着心地の考え方も 

    年代によっても 

    趣味趣向によっても   傾向は全く違ってきます。  

 

パタンナーは 企画の方々の気持ちを汲み 最後の最後の細かいところは 「個人の思う落とし所」で簡潔させます。

 

売れる服の表面感を作れるのも 着心地のよい服を作れるのも パタンナーの腕次第です。

 

しかし 言葉を返せば 正解を知らないままでも形にはできるのがパタンナーです。

 

果たして基本的な正解を 誰が教えてくれるというのでしょうか・・・

というところで・・・・

玉置さんは 彼なりの基本をもち 基本を実証し 一番は 誰でもわかりやすく 理路整然と 実技を見せてくれるのです。

 

 彼を尊敬する所以は・・・技術 知識の出し惜しみをしないというところ・・・

 技術を見せることはお金に繋がります。

 大概の研究者 技術者 プロの方はそういうところで報酬をもらいますが

 玉置さんは どうぞ HPで見てくださいと披露してくれます。

 

そんなわけでワークショップの一部始終を動画取りOK。

またそのワークショップの様子もネットで見ることができます。

 

 いい歳して恥ずかしいことばかりのパタンナー人生。

 玉置さんの研究の成果を なぞらえて 納得したり 唸ったりしていれば

 明日から自分の 技術の巾が広がるのですから・・。

 

 この機にして 

  ドキドキとハラハラを与えてもらえる 

  ワークショップに感謝するばかりです。 

 

なんとかして早急に実践!です。

 


http://tamasan.com/lecture/w_lec.html

 

https://www.instagram.com/tamakino_shigotoba/?igshid=1nn0pvylpgms7

 

そしてあえてホームソーイング愛好者に言います。

 

 洋服は好きなように作ればいい です。

 これがいい!という決定権を自分がもてば それが正解!ということです。

 

そして そのたびことに いっぱい良いも 悪いも 発見していくことが楽しい時間だと思いました。

 

 

コメント
コメントする