袖というパーツは 大概AHと縫い合わせます。

実は

ここは

異なるカーブ同士を 接がなくてはいけない場所でもあります。

 

そういう場所は 結構実はあって

たとえば・・・デザイン性があればあるほど そういうラインが多いように思います。

プリンセスラインとか?

わかりやすい場合だと 円形フリルとか?

http://katagami.shop/?pid=24209216  ← 前のフリル

http://katagami.shop/?pid=48050487  ← 同じくフリル

 

最初の考え方をここでは認識しておくことにしましょうか。

考え方としてはこういう事が 初歩ですので わかっていれば難しくはありません。

a題.jpg

 表地同志を合わせて 縫うのでこういう縫い絵図になります。

             やじるしやじるしやじるしやじるし

 

c題.jpg

良く考えれば当たり前なんですが・・・・・

縫い代の外側 外周同士は寸法が異なるので

縫いたいライン同士を合わせて縫う事になります。

 

下の絵図でいう ココ ⇒ ラインです。  

 

 

赤いライン同士は縫い合わせる寸法に合わせて作っているので

ぴったり合います。ハート

 

 *但し ここに いせ込みやギャザーが入ると

  生地自体をその寸法に合わせていかなくてはならないので

  ちょっと手間・・・がいります。

        それは 又 別の機会に・・・・*セリザワさん**

 

ここで気を付けておけばよい事は・・・
袖側も縫い代の内側
身頃側縫い代の内側を縫い合わせればいいという事です。

 

 さて・・・

 縫い方のコツというものもあります。

 それは・・・・むっつり その2に続く・・・・・・。

 

JUGEMテーマ:ソーイング♪

コメント
コメントする